読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ★ゲットを 御存知でしょうか?

無料の漫画投稿・閲覧サイト 「マンガ★ゲット」。 に、遅れて来たユーザ 蛸。 の、「もしかして、既に? もう、今更…ですか?」 な記事です・・・

『デビルズライン』3巻特別編・後半(マンガボックス配信36話)落描感想ノ弐

 f:id:TACOMIC:20161209104918j:plain

 

ええと、前記事の 「落描&感想 ノ 壱」 より続きます(一応)。

 

今回も、思いつきで書いております。

未整理ですが、よろしければご覧くださいませ。

       f:id:TACOMIC:20161209110257j:plain

ネタバレではないです。

 

 

1.穏やかな吸血鬼

吸血鬼は「屋外・高所」で活躍。 しかし今回の主役は地味です。

ひっそりと暮らす、跳ばない鬼。

自分の運動能力もわかってなかったようですし。

f:id:TACOMIC:20161209104955j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161209105923j:plainにしても。

あの電車の運転手さんは見たのでしょうかねぇ線路上の3人を。

(ブレーキの軋む音、とかも無かったようですが…)

線路上に男性駅員が!女性車掌も!!って誰かが二人を担いで跳び去った!?

 

 

変異しても、割と穏やか

まずは白目に兆候が出て、赤くなる。そして血管の浮出し・牙・爪…とかの変異が見られます。

が、そうなっても。

まだ理性があって、そこそこ普通に振る舞っていたりもする。

f:id:TACOMIC:20161209105022j:plain

 

 

気が紛れれば、鎮静剤も打たずに収まっていったり。

 

f:id:TACOMIC:20161209105045j:plain

 

見た目が恐ろしい。なのに気弱・間抜けだったり。

その落差がギャグとして効きます。

 

f:id:TACOMIC:20161209105102j:plain

 

安斎氏も、目とか変異してからも結構フツーだったりする。

1巻でのシーンより。

f:id:TACOMIC:20161209105135j:plain

 

 

f:id:TACOMIC:20161209105202j:plain

 

 

 

f:id:TACOMIC:20161209105221j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161209110336j:plain

 

 

2.今回の副題 『Line of Zero ゼロの線路』

「ライン」というのも、いろいろな意味にとれる単語ですが。

今回の特別篇では、「線路」です。

 

 

さて、例によって副題となってるワードを検索してみました。

幾つか興味深いものがヒットしましたが…こんなん面白いと思うのは儂だけでしょうから、少しだけにしときます。

f:id:TACOMIC:20161209105956j:plain(ただの脱線ですので、興味ない方はスルーなさって下さいませ)

 

◆「Line of Zero」で検索し、ヒットしたサイトのひとつより。

そのウェブページにあった記事で、

クロスランゲージ 37分野専門語辞書での「zero line」の意味》というのが、

▶zero line

ゼロ線零位線零線基準線ゼロライン

▶zero-line

基本水準線

でした。

それぞれの単語のリンクをクリックすると例文が出てきまして。殆どわからんながらも、なんか面白そう…(個人的に楽しんでごめんなさい)。

 

《「零位線」の部分一致の例文検索結果》より


線路の各端末機で測定された線間電圧と零相電流の位相差及び零相電流の大きさを比較して故障区間を検出し、停電なしに故障区間を系統から分離する。

とか

直線定規の零点の位置決め手段を備えた直線定規挿入部と、この直線定規挿入部に挿入された定規を保持する固定手段と、挿入された定規の零点の位置と一致する位置に設けられたマーカないしマーカ保持具とを備えている。

とか。

 

◆「Line of Zero」で画像検索したら、

f:id:TACOMIC:20161209105312j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161209105330j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161209110024j:plain「Zero Line Crisis」とか出て興味深かったのですが…脱線が過ぎるので切り上げる蛸。 

f:id:TACOMIC:20161209110357j:plain

 

 

さて。

今回も、【安つか】も【安ハン】も【菊ナナ】もないので。

やはり個人的趣味の余談に走ってしまいました蛸。

まぁ、資料引用として出した1巻のシーンに【安つか】がありましたが… 

 

        f:id:TACOMIC:20161209110046j:plain

そうか、配信作中に【安つか】とかなければ、そうやって関連付けて過去回からとか持ってくればよかったのか。

というわけで、加工画像をどんどこ貼ってみたり。

 (実は、この記事のトップ画像に【安つか】カラー画像を使おうと思って色々加工したのですが…気に入ったのができなかったので、やめときました。

以降の画像は、試行錯誤な試作であります。)

 

◆01・基本 

f:id:TACOMIC:20161209105409j:plain

 

◆02・背景色レイヤを加え、雪結晶をブラシで描く(大小で別レイヤに)。

f:id:TACOMIC:20161209105427j:plain

 

◆03・安斎氏の輪郭線を白に。顔・袖など光が当たってるぽくホワイト(なぜか黄緑っぽくなってる)。背景色レイヤを2枚に(人物・TVレイヤの上と下に1枚づつ)

f:id:TACOMIC:20161209105449j:plain

 

 ◆04・安斎氏の輪郭線を黒に・背景色を薄くしてみた

f:id:TACOMIC:20161209105509j:plain

 

◆05・雪を少なくしてみた(大きい結晶のレイヤのみ表示)

f:id:TACOMIC:20161209105529j:plain

 

◆06・安斎氏の輪郭線を白に。つかさ氏の下の背景色レイヤが見えないようマスクレイヤ追加。雪レイヤを2枚とも表示。

f:id:TACOMIC:20161209105548j:plain

 

 ◆07・雪レイヤを非表示に。背景色レイヤを2枚とも人物・TVレイヤより下に。

f:id:TACOMIC:20161209105608j:plain

 

◆08・雪レイヤ(大きい結晶ののみ)表示、背景色レイヤの1枚を人物・TVレイヤより上に。

f:id:TACOMIC:20161209105628j:plain

 

◆09・雪レイヤを2枚とも表示。人物・TVレイヤの上の背景色レイヤを非表示に。

(なぜかこの画像ファイルだけが、他より10倍以上の容量でした。Caesiumでも圧縮できず。なので画像サイズを25%くらいに縮小)

f:id:TACOMIC:20161209105712j:plain

 

◆10・大きい雪結晶を白くはっきりと(レイヤ不透明度を上げる)。背景色レイヤを2枚とも表示。 

f:id:TACOMIC:20161209105734j:plain

 

つかさ氏の手をとる安斎氏。

1巻の頃から、この「手をとる」という描写がされていたのですねぇ。 

      f:id:TACOMIC:20161209110126j:plain

「抑える」というより、

「繫がる」という意味合いが深いのかな~やはり安斎氏のこの、つかさ氏への動作は。 

 

f:id:TACOMIC:20161209110420j:plain

 

と、毎回の事だったのですが。勘違いだったらごめんなさい

f:id:TACOMIC:20161209110440j:plain

  

f:id:TACOMIC:20161209111318j:plain

 

 

さて。

 

      f:id:TACOMIC:20161209110212j:plain

まさか。

『デビルズライン』のマンガボックス配信が、途中で終わってしまうとは、思ってもおりませんでした蛸。

というわけで。

毎週やってたこの「マンガボックス配信の落描感想」の連載も、今回で終了です。

 

今後は。
また、テーマごとに書いた記事でも、ぼちぼちと。
随時公開していくことになると思います。
月イチでもできたらいいなぁ。

 

では。

 

 

    ひとまず、さよならっ! 

 

 f:id:TACOMIC:20161209105831j:plain