マンガ★ゲットを 御存知でしょうか?

無料の漫画投稿・閲覧サイト 「マンガ★ゲット」。 に、遅れて来たユーザ 蛸。 の、「もしかして、既に? もう、今更…ですか?」 な記事です・・・

『デビルズライン』3巻17話・後半(マンガボックス配信34話)落描感想ノ弐

 f:id:TACOMIC:20161124080142j:plain

ええと、前記事の 「落描&感想 ノ 壱」 より続きます(一応)。


f:id:TACOMIC:20161124070454j:plain少しネタバレかもです…今どき、この程度では「ネタバレ」とは言わんのでしょうかね。

 

 

1.【安ハン】:身を低くするハンス氏。 

『デビルズライン』では、「高さ」というのが意味深に描かれてるシーンが多い

と感じる蛸であります。

 

さて。ハンス氏の身長は181、安斎氏は176。 5センチの差があるのですが、

ここでの二人は同じ高さに描かれてます。 

f:id:TACOMIC:20161124065625j:plain

 

また、その後では

ハンス氏の方が身を低くしております。

ハンス氏が冷静にオヤジに手錠をかける。 安斎氏は突っ立てるだけです。 

f:id:TACOMIC:20161124065705j:plain

教授しているハンス氏の方が「格上」とも言えるシーンなのに。 

f:id:TACOMIC:20161124065723j:plain

 

警官である安斎氏が棒立ちで、民間人であるハンス氏に手錠を渡して逮捕させる。

わざわざこういう描き方にしたからには、意味があるのじゃないかな~と思ってしまう蛸です。 

f:id:TACOMIC:20161124070115j:plain出血してるヒトに触れたくないのかな、とも思ったのですが。 その前のシーンでは、相手を殴って後ろ手に抑えてる。 フツーに触ってもいいんじゃないかなぁと。 

 

地面に這いつくばってるオヤジを、

「身勝手で一方的に暴力に走るモノ」という、暗喩

だと解釈すると。

それを制御するには、屈んで、手錠をかけねばならないのだ、と。

 

f:id:TACOMIC:20161124070138j:plain…って。

文章化してこじつけるとしたら、こーなるかな~~とか思う蛸。

 

受け入れろ、と。

鬼として。

xxである自分を。

 

ここまで割り切れている、というのは。

どれだけの経験・体験を経ているのでしょう。

身を低くしつつも、やはりハンス氏の方が「上」というか…

器が大きいのだと感じます。

 

 

 

2.高所・屋外に加納氏。 

f:id:TACOMIC:20161124065809j:plain

 

「光の子ども」と「闇の子ども」。

f:id:TACOMIC:20161124065837j:plain

鬼とヒトのハーフの二人。

ぱっと見はハンス氏の方が「光」ですが。

 

にしても。 

どうやって登ったのでしょう?

このトシでこの身軽さは驚きです。 彼はヒトなのに…仙人のようですねぇ。

ピアスといい傷といい、只者ではないのでしょう。

f:id:TACOMIC:20161124065901j:plain(キャラ相関図より)

そしてかなり目がいいようですが。それとも特殊なメガネ?

 

f:id:TACOMIC:20161124070228j:plainそもそも、こんなところに陣取って見物していた、というのは。

安斎氏の位置を把握してる?指輪からの信号を傍受できるデバイスでも所持しているのでしょうかね。

 

 

 

3.高所・室内の菊原氏。

f:id:TACOMIC:20161124065931j:plain

高級感ある・地位の高そうな人物の部屋から、屋外を眺める菊原氏。 

 

部屋の二人が語る、過去。

f:id:TACOMIC:20161124065953j:plain

 被験体とは、「鬼とヒトのハーフ」のことでしょうか。

ハンス氏は「xx実験をされ厳重に隔離されていた」方でしょう。

安斎氏だけは自由に外を歩けるという、「雲泥の差」の扱いだった。

「光の子ども」と「闇の子ども」。

 

「神の視座」。

f:id:TACOMIC:20161124070019j:plain

今回の副題の「フェイス」は、ここにメインでかかってくるのかなぁと思いました。

faith。「信仰」。

その一方で。

 

実はそれは、「上っ面」だけだ、とか。

face。「顔」「表面」。

 こっちの意味もかけているのかもしれない。

 

…とか思った蛸です。 

f:id:TACOMIC:20161124070035j:plain

 

 

f:id:TACOMIC:20161124070536j:plain

と、毎回の事ですが。

勘違いだったらごめんなさい蛸

  f:id:TACOMIC:20161124070545j:plain

 

 

4.おまけ・菊原氏の光と闇。 

     …ぽい、画像を幾つか貼る項です。

        f:id:TACOMIC:20161124070312j:plain

ええと…全く個人的な、こっちの都合ですが。

はてなブログでは、

最初に、記事のトップに貼った画像が

◆カテゴリ別の記事一覧での、見出しアイコン?画像

◆ツイッタでの画像

と、なります。

 

で。

後から、記事上の画像を別のに貼り換えても、カテゴリ見出しの画像は変更されません。

記事をまたツィートしても、ツイッタ画像は当初のままなのですわ。

 

一発勝負です。まぁ、気にしないなら別にいいのですが。

 

今回は、ちょっと…。

トップ用に描いた菊原氏の、カラー塗りが気に食わなかったので、加工でなんとかマシにしようと試行錯誤したところ、

色々なパターンの画像が出来上がりまして。

どれを貼るかで、迷ってしまったのです蛸。

 

で。 

       f:id:TACOMIC:20161124070334j:plain

この際なので、それらのうちの幾つかを、ここに纏めて貼っちゃうことにしました。 

では、貼ってきま~す。

◆描線黒。色つけ・加工ナシ。 まずは基本の絵を。

f:id:TACOMIC:20161124070835j:plain

◆描線黒、カラー色つけ。 無難な絵です。ここから加工していきます。

f:id:TACOMIC:20161124070907j:plain

 

◆描線白のせ、カラー。

描線レイヤをコピーし、表示色を白に変えて、被せてみました。

f:id:TACOMIC:20161124070955j:plain

 

 

◆描線黒、カラー、光っぽいバック。

f:id:TACOMIC:20161124071044j:plain

 

◆描線白のせ、カラー、光っぽいバック。

これが現在のトップ画像です。公開後、これに貼り替えました。

f:id:TACOMIC:20161124071104j:plain

 

 

◆描線白のせ、肌のみ色、下に黒塗。

何気なくバックを黒くしようとして、ざくっと塗ったところ。肌に被ったところが気に入ってしまいまして。 

f:id:TACOMIC:20161124071157j:plain

 

◆描線黒、カラー、下の塗りを灰色に。さらに圧縮。

とりあえずやってみたものです。

f:id:TACOMIC:20161124071328j:plain

 

◆描線黒、カラー、バック灰、下に灰塗。

一応、バックを黒っぽくしてみようと。

f:id:TACOMIC:20161124071432j:plain

  

◆描線を黒と白。白描線のレイヤも作ってあるので一応やってみたり。顔の描線は黒のまま。

カラー、バック灰・下に灰塗。 

f:id:TACOMIC:20161124071816j:plain

  

◆描線白、肌のみ色、バック灰(黒70%)、下の黒塗を真黒にしてみたり。

f:id:TACOMIC:20161124071926j:plain

 

◆描線白、肌のみ色、バック黒96%、下に黒塗。

f:id:TACOMIC:20161124072226j:plain

 

◆描線白、カラー、バック黒、下の塗りを灰色にして、圧縮。

f:id:TACOMIC:20161124072307j:plain

 

◆描線白、カラー、バック黒を圧縮。下の塗りを赤にして手前に。

結構これも気に入ったのですが。 

f:id:TACOMIC:20161124072357j:plain

 

◆描線白、カラー、バック黒、下の赤塗りを後ろに。

これが最初にトップに貼った画像です。カテゴリ別の記事一覧と、ツイッタでの画像はこれのままです。 

f:id:TACOMIC:20161124073543j:plain

 

ところで、

「光」と「闇」っぽい絵になってますが。

これは全く意図しておりませんでした。

試行錯誤し効果を追加・検討するうち、成り行きでこうなったのです。

f:id:TACOMIC:20161124070705j:plain

 

さて。

思いつくままに書いて&描いてます。無計画で失礼しました。

来週も出来るでしょうかね。

では。

f:id:TACOMIC:20161124070715j:plain礼。