読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ★ゲットを 御存知でしょうか?

無料の漫画投稿・閲覧サイト 「マンガ★ゲット」。 に、遅れて来たユーザ 蛸。 の、「もしかして、既に? もう、今更…ですか?」 な記事です・・・

『デビルズライン』3巻14話・前半(マンガボックス配信27話)落描感想ノ弐

f:id:TACOMIC:20161006231705j:plain

 

前記事の 「落描&感想 ノ 壱」 より続きます(一応)。

 

しかし。

今回の記事は、『デビルズライン』自体とはあまり関係がないものになってしまいました。

ネットで閲覧している、一部の読者が成す、「場」について

がメインになってます。

 

よろしければご覧くださいませ。

f:id:TACOMIC:20161006232944j:plain ネタバレではないです、全く。

f:id:TACOMIC:20161006233559j:plain

 

 

1.ネット配信で、タダで漫画を読んでる人種のこと

 (大体、前回の記事ノ壱でも述べましたが…一応。)

 

現代では、紙媒体だけでなく。

PCやスマホなどでの漫画閲覧が、当たり前になりました。

 まずは、「無料試し読み」や、「1巻無料配信」などで読むとしても。

以降はコミックス既刊を購入したり、掲載誌を購読し始めるユーザさんもおられるでしょう。

が。

そうしないユーザも、また相当数いるわけです。

 

これは、漫画読みが「紙の本から電子データ・ネット上へ移行した」というだけでなく。

 

①無料で読める

(タイムラグを気にしなければ全話さえ読めたりする)

 

②「最初から順当に読まない」読者を生む。

彼らは先に「一部(だけ)」を読む。作品をあまり読まないうちに、粗筋・キャラなどを「部分的に」知ってしまう。

 

③彼らは、その時々の感想を、ネット上で語る。

 

その機会の増加。それに伴っての、そうしている読者の多さ。

これが、「紙の出版物が主体媒体だった頃」との、大きな相違点だと思います。 

 

f:id:TACOMIC:20161006233619j:plain

 

 

2.「真田丸」フィールド

        f:id:TACOMIC:20161006233015j:plain  

     余談ですが…

「ネット上での場」繋がりで。

またもや、今年の大河ドラマ『真田丸』に、話を繋げる蛸であります。 

ええとですね。ツィッタを見てると、まず。

#早丸 というタグの付いているツィートが出現します。

 

本放映は日曜20時からなのですが、それより先に。

18時からBSプレミアム放映があり、「早丸」と呼ばれております。

それを視たヒトからのツィートです。

「おのおのがた、今回はxxである。心せよ」と。

 

で。

本放映の後。

 

#本丸 や、#真田丸 というタグ付きのツィートが続々と。

皆様の感想・妄想・想像ツィート。

歴オタな方々からの分析、描かれなかった歴史ネタ補足。過去の大河との比較。

再作側や、時代考証担当者のツィート。セット・小道具、セリフ・画面構成についての蘊蓄やら。

役者のこと・演技についての深読み。

コマ漫画。 さらには#丸絵タグ付きで、これでもかとイラストが。

 

翌週土曜の再放映(13:05~)の後では、さらに。

#再丸 というのが出てきます。

「言い足りなかった」「再発見した」方々が追加ツィートしたり。

皆のツィートを見た諸氏が又、リツィートしたりと。

関連記事への言及・感想が続々ツィートされてきます。

 

つまり。

放映を見て終わり、にならないのです。

その上。

ちょこっと感想を呟いて終わり、にもならない。

ツィートが幾重にも、波のように。打ち寄せては返し、影響し合い、「場」を形成しています。

いわば、「真田丸フィールド」。

 

その有様は、このサイトさんに詳しいです。 


又。

よろしければ、「真田丸フィールド」の一端として。

#真田丸カーナビ というタグをツィッタで検索してご覧あれ。

 

f:id:TACOMIC:20161006233654j:plain

 

 

 

さて。 「現代ネット漫画読み」のコトに話を戻します。

 

3.「ネタバレ」について

 「掲載誌―コミックス」という程度のタイムラグが主流であった?時代

(「現代ネット」云々を語る前に、昔のコトに触れますが) 

 

『デスノート』の連載中に。

f:id:TACOMIC:20161006231740j:plain◆小畑健氏(大場つぐみ氏原作)『デスノート』

 

某ライタが、最新号のジャンプで「『デスノート』の某重要キャラがシんだ」ことに触れて記事を書いたら、

「コミックスで読む派」な読者たちから苦情があった、

とかいうのを読んだ記憶があります。

 

そのライタ氏としては、《掲載誌が巷に出回ってるのだから》と、気にせず書いたらしいのですが。

コミックス読者としては「ネタバレされた!」と。

 

「コミックスで初めて作品を読む」という読者が、相当数いて。

掲載誌でリアルタイムで読んだ者に対し、「先に内容を記事に書くな」と発言する。

「自分はリアルタイムではない・後追いの身であるし」「既に何百万という発行部数の雑誌で公開済みなんだし」…とかの気後れもせずに、「ネタを明かすな」と言える。 

 

       f:id:TACOMIC:20161006233108j:plain

 

 

さて、現代では。

ツイッタやブログなどで。

「ネタバレ」というワードが、検索上位に入ってたりするそうですが。わざわざ「ネタバレ」を読もうとするユーザもいるってことですよね。

 

で。

ご参考までに、

弊ブログのアクセス解析の画像を貼っときます。

Yahoo!検索から、弊ブログに訪問なさったユーザ諸氏のうち。

「ネタバレ」というワードでは、単純計算で合計5%ほど。「あらすじ」も加えれば合計6%ほどになるわけです。

 

f:id:TACOMIC:20161006231902j:plain

 

部分拡大。

f:id:TACOMIC:20161006231934j:plain

 

  

また、9月の弊ブログの記録を見ますと。「ネタバレ」というワードでは3.40%ですね。

 

f:id:TACOMIC:20161006232008j:plain

 

部分拡大。

f:id:TACOMIC:20161006232024j:plain 

 

       f:id:TACOMIC:20161006233157j:plain 余談ですが

弊ブログで。当方が、記事の冒頭にて。

「ネタバレです」又は「ネタバレではないです」云々と、わざわざ表記するのは、

「ネタバレを読みたくない」・「ネタバレと分かった上でなら読んでもいい」ユーザ様への

「ご了承ください」、又は「安心してお読み頂けます」…という。

予告・「注意書き」?みたいなものとして、であります。

しかし。

「ネタバレ」と書いてみた際に、

「この程度じゃ、今どきネタバレとは言わないんじゃないか? ネタバレを期待して読みに来てるユーザ氏には期待外れかも?」

とも思ったりしている蛸であります。

 

f:id:TACOMIC:20161006233744j:plain

 

 

 

4.タイムラグについて

 昔々。 雑誌リアルタイム購読が主流だった時代がありました。

(と。またもや昔のコトに触れますが)

 

 

BS漫画夜話 井上雄彦氏『リアル』の回で、「昔の(というか、子供の)漫画読み」についての話題が出たのですが。

f:id:TACOMIC:20161006232048j:plain◆井上雄彦氏『リアル』

 

ゲスト出演者の石井正則氏曰く。

《「大人買い」という読み方。コミックスが何巻か出てから纏めて購入し、読む。その方が「通」というような認識?があったのだけど。

子供の頃は、次の掲載誌が出るのが待ち遠しくて仕方なかった。

この『リアル』という作品で、子供の頃に毎週ワクワクしながら待ち、買って読んでた感覚を思い出した。》

云々と。(うろ覚えですが)

 

そういえば。

BS漫画夜話の、何の回だったか。 岡田斗司夫氏曰く。

《バブルの頃は、兄弟が2人いたら、週刊ジャンプとかは2冊買って読んでた。片割れが読み終わってから読む、というのが待ちきれなくてそうしてた》

とか。(これも、うろ覚えですが)

 

隔世の感がありますわ。

 

ついでに思い出したのですが。

まだ、街に書店が相当数あった頃でも。

漫画雑誌は、コンビニで買う人が多かったそうで。なぜなら夜明け前?にはもう店頭にあって、買えるから。

一刻も早く読みたい!という人々が、こぞって早朝コンビニへ出向き、漫画雑誌を買った。

これも、書店衰退の理由のひとつだったのでしょうかね。

 

f:id:TACOMIC:20161006233813j:plain

 

 

さて、現代。タイムラグも当然となった漫画読みスタイル。

それでも。当方が知る限り、現在、『デビルズライン』を、無料で。

コミックス掲載の20ページより、後の方が読めるのは、
マンガボックスの配信で、だけです。

 

で。

リアルタイムに作品を読まず、部分的に先読みしている「ネット無料読者」たちが、タイムラグを経て。

マンガボックス配信を閲覧して。

「初めてそのシーンを見た!」となる。

 

そういういう人々が、毎週の配信日以降、全国に一斉に発生するのではないかと思うわけです。

どのくらい、おられるでしょうねぇ。同志よ…

 

         f:id:TACOMIC:20161006233231j:plain

 

ところで。

マンガ★ゲットには、「デビルズライン応援ページ」というのがあります。

f:id:TACOMIC:20161006232126j:plain

 


ここには、「デビルズライン」という語句があるツィートを掲示するトコがあるのですが。

f:id:TACOMIC:20161006232151j:plain

 

「マンガボックスで配信されてるデビルズラインが面白いよ!」

というワードでのツィートがあるのが、以前から気になっておりました。

 

で、試しに。

ツィッタで、「マンガボックスで配信されてるデビルズラインが面白いよ!」で検索してみました。

 

画像も表示されるので遅いのですが…出るわ出るわ。

 

f:id:TACOMIC:20161006232237j:plain

(何人おられるか数えようと思ったのですが。やめました)

 

しかし。

この読者らは、孤立しているように見えます。

先述の「真田丸」フィールドと違って、皆の繋がりが殆ど無いのですよねぇ。勿体ない。 

 

f:id:TACOMIC:20161006233901j:plain

 

にしても。

ネット配信である以上。マンガボックスは、世界中で閲覧できるわけで。

海外での閲覧諸氏も。

あの日に。

f:id:TACOMIC:20161006232311p:plain

この、美女なイレブン氏を初めて拝んで、

「こんなだったのか!」と思ったヒトがおられたのでしょうかね。

 

      f:id:TACOMIC:20161006233308j:plain

世界のあちこちで「こんなだったのか!」と叫ぶ。

世界同時多発「こんなだったのか!」現象。

 

 

 

ええと、余談ですが。

驚いたことに、海外からも弊ブログが読んでもらっておるわけですよ、ほんの数人とはいえ。

 

f:id:TACOMIC:20161006233331j:plain

 

こんな弱小ブログなのにッ。

いやぁ~凄いわ『デビルズライン』!

 

「アクセス元地域」カウンタ画像です。 

 

f:id:TACOMIC:20161006232432p:plain

 

部分拡大(切貼り)です。

f:id:TACOMIC:20161006232459j:plain

 

UNITED STATES

はともかく。

RUSSIAN、ISRAEL、KOREA、HONG KONG、HUNGARY。うひゃぁぁ~~。

MALAYSIA…は、あの方かな?

 

Katowice(RZECZPOSPOLITA POLSKA)

Cochin(INDIA)

Cairns(AUSTRALIA)

Calgary(CANADA)

これらはリンクになってるので、思わずクリックしたらGoogleマップ画面が出現。吹きましたわ。

 

f:id:TACOMIC:20161006232555j:plain f:id:TACOMIC:20161006232627j:plain f:id:TACOMIC:20161006232658j:plain  f:id:TACOMIC:20161006232742j:plain f:id:TACOMIC:20161006232825j:plain f:id:TACOMIC:20161006232853j:plain f:id:TACOMIC:20161007014815j:plain 

 

遥か彼方の国に、お住まいの同志よ。

        f:id:TACOMIC:20161006233401j:plain

極東の、こんなブログに訪なってくださり、本当にありがとうございます。

日本語は、わかりますか?(あ、現地滞在の日本人かな)

よろしければ、コメントを下さいませな。

(当ブログは「はてなユーザのみコメント可」ですが、

「B!」なら、ユーザ登録せずにコメントできます…コレって日本国内だけじゃないですよね?)

 

 

あと。

日本のユーザ氏のうち数人が、都道府県が表示されてたりするのですが。

横浜は、あの方だろうな~お世話になっておりますS様。 

       f:id:TACOMIC:20161006233424j:plain

東京のうち一人は、あの方かな~

札幌は、あの方かな~?

福岡は、ひょっとしたらあの方かな?

(当人かどうかわからんので、連絡せずにおる蛸ですが。よろしければコメント下さいませな。「B!」なら、はてなにユーザ登録せずともコメントできますよ)

 

と。

今回は【安つか】項もないし、模写擬画像も新規に描いてないので。

こーゆーネタで濁した蛸でした。

失礼いたしました~

  

     f:id:TACOMIC:20161006233452j:plain

 

 

f:id:TACOMIC:20161006234133j:plain

 

 

さて。

ちゃちゃっと描く(筈の)、この落描き体制。

来週も出来るでしょうかね。

いつまでできるか? まともな記事になるのか?次回は。

では。

f:id:TACOMIC:20161006233508j:plain 礼。