マンガ★ゲットを 御存知でしょうか?

無料の漫画投稿・閲覧サイト 「マンガ★ゲット」。 に、遅れて来たユーザ 蛸。 の、「もしかして、既に? もう、今更…ですか?」 な記事です・・・

『デビルズライン』3巻13話・後半(マンガボックス配信26話)落描感想ノ弐

f:id:TACOMIC:20160930002610j:plain

 

ええと。今回の記事は、しょーもないコトを書きます。

 

f:id:TACOMIC:20160930003112j:plain

 

前記事の 「落描&感想 ノ 壱」 より続きます(一応)。

www.tacomic.com

 

男性のxxを描く、ということ

今回の「記事ノ弐」。

元々は「落描&感想 ノ 壱」の後半だったのですが。文章が長くなったのと、内容の落差が大きいので独立させました。

xxネタなので、もしNGとなったら記事ごと削除できますし。

 

1. 「おちくみさま」という呼び名

以前、『デビルズライン』についての某ツィートで。

《おちくみさまにトーンが貼ってあって》云々というのを見て吹きました。そう呼ぶのか「ちく○゙」ことを!

 

さて。

当ブログではGoogle様の手前、xxな単語は伏字にしてるのですが。

以降、有り難く「おちくみさま」を遣わせて戴こうと思い、一旦、今回の文面を書き上げました。

が。

ふと思いついて検索したところ、「おちくみ」という名称の方がおられるようなので、自粛します。

というわけで。

「おちく○゙さま」と表記することにしました。

 

 

f:id:TACOMIC:20160930003142j:plain余談ですが。

某避妊具のことを以前「コン○゙―さん」と呼んでいたのですが。それは世のコンドウ氏には不快である、と気づき、以来「むーどんこ」と称している蛸です。

知人のコンドウ氏に言われるまで気づかなかった自分を恥じたものです。

 

 

 

2. BL漫画などでの「おちく○゙さま」

ところで。

知人の某BL漫画描き氏は、男性の「おちく○゙さま」を描く際にはトーンを貼って、さらに削りも入れてました。

f:id:TACOMIC:20160930002629j:plainBL「おちく○゙さま」

 

そう大きく描かれてないコマでも、それがデフォルトでした。

「こだわりがあるから(キリッ)」とのことでした。

 

f:id:TACOMIC:20160930003204j:plainあ。この「おちく○゙さま」画像はNGかな~ 男性のだからOKだよな?

アップで何だかわからんからOK!になって欲しい蛸。

いや、アップだと性別がわからんからかえってNGか?「これは男性のおちく○゙さまです」ってわざわざ表記すべきなのか?あああ何をマヌケなことを書いてるんだ儂。

 

 

BLという、「男性の身体のをセクシーに描いてなんぼ」な表現媒体では、トーンを貼るのも別に珍しくもない表現・描き方でしょう。

 

が。

青年誌で、男性のに、トーンを貼ってある、この描き方…というのは。

 

f:id:TACOMIC:20160930002648j:plain

 

見慣れてない読者には、やはり、ちょっと、その。「くる」モノがあったりするのでしょうかね。

…どうなのでしょう?

(すいません、BL系統を結構読んできた人種なもので…このへんのセンスも一般的ではないのです蛸)

 

どーでもいい余談ですが、昔の冬コミで。

画材販売ブースで、ICトーンの931番のことを「ちく○゙トーンが足りないよ~」とか携帯電話で報告しつつ、購入している青年を見かけました。

f:id:TACOMIC:20160930002711j:plainICトーン931

 

このトーンは、儂らは「丸グラ」と呼んでいたものですが。トーン呼称は結構個人差ありますよね。

 

 

3. 男性漫画での「おちく○゙さま」

長年、漫画を読んできておりますが。

幼児の上半身ハダカでは、点々で表現されているのを見かけます。

が。

幼児ではない男性が上半身を露出する際、「おちく○゙さま」は描かない傾向にあると思います。男性・女性漫画どちらでも。

そして。

男性漫画でよく見られる画風が、リアルに(又は誇張して)筋肉や陰影線は細かく描き込んでるもの。

で。それでもやはり、「おちく○゙さま」が描いてない。非リアルなんですよねぇソコだけが。

こういう描き方は、女性漫画ではあまりなかろうと思います。

 

f:id:TACOMIC:20160930002757j:plain◆衣谷遊氏『聖霊戦士』 1987

 

f:id:TACOMIC:20160930002834j:plain◆原哲夫氏『北斗の拳』 1988

 

f:id:TACOMIC:20160930002902j:plain◆叶精作氏『ブラザーズ』 1987

男性の「おちく○゙さま」があるコマもありますが、ない方がずっと多い。で、女性のは必ずと言っていいほど描いてあります。

漫画文法として、それが標準なのでしょうけど。やはり「社会的な性差」を感じます。

 

 

f:id:TACOMIC:20160930003314j:plain女性の「おちく○゙さま」を描かない、って作品といったら。

楳図かずお氏『洗礼』とか。でもあれ少女漫画誌だったからかも。しかし行為は結構xxでしたがね。

あとは某学生向け学習雑誌に掲載された某漫画でのくらいしか思いつかない蛸。

まぁ探せばあるかもですが…何言ってんだかわからなくなってきたので切り上げます。

 

 

f:id:TACOMIC:20160930002941j:plain◆衣谷遊氏『ラッキーラクーン』1995

この作品では、男性の「おちく○゙さま」も描かれるようになってました。(色付きっぽい。少数派かな)

 

現在では、男性の「おちく○゙さま」もある程度の割合で描かれるようになってきてるみたいですね。漫画文法の変遷、というか。

 

と。

丁度、今日見た「はてなブックマーク」で紹介されてた「お勧め漫画」に。

「ない」サンプルを見つけたので、貼っておきます。

現代漫画でも、まだまだ男子に「おちく○゙さま」なしである、という作品例。 

 

f:id:TACOMIC:20160930003004j:plain◆ クリムゾン, アナスタシア・シェスタコワ『蒼い世界の中心で』

f:id:TACOMIC:20160930003347j:plainリアルタイムで漫画読まなくなってしまったので、有り難いです紹介記事。

 

 

4. TV放映アニメ。まだまだナシ

まだ、こっちでは解禁されてないのでしょうかね。 

 

f:id:TACOMIC:20160930003041j:plain◆『Free!』 2013

 

f:id:TACOMIC:20160930003719j:plain

 

f:id:TACOMIC:20160930003524j:plainええと、こっちの話ですが、PCに単語登録しまして。「ちく○゙」と打つと「おちく○゙さま」と出る。そのたびに笑う蛸です。しょーもな。

 

にしても。

何を「おちく○゙さま」でこんなに資料を探して貼ってるんだ儂…

まぁ、その。

今後の、安斎氏の「おちく○゙さま」シーンへのフラグってコトで…えへへ。

 

 

f:id:TACOMIC:20160930003544j:plain

まさか「おちく○゙さま」オンリーで一記事にするとは思わなかった。

そして、『デビルズライン』の話の筋とは全く関係のない、こんな記事で、思いがけなく手間食ってしまったことに呆然。

うん、日記・雑記回ということで開き直ろう。

 

マンガボックス配信26話で、安斎氏が上半身を晒してくれたことから。

弊ブログの記事ノ壱で、その光景を落描。で、「高所で屋外」云々からの思いつきを書き連ねたのでした。

が。

この記事ノ弐では「おちく○゙さま」にいってしまいました。しょーもな。

で、さらに次。

記事ノ参では、「傷」について書く予定です。コレがまた手間食いまして…時間稼ぎとしての記事ノ弐だったことは内緒です。

  

f:id:TACOMIC:20160930003746j:plain

というわけで。

「落描&感想 ノ 参」 へ 続きます。
「ゼロナナ氏が他者に刻んだ3つの傷」について書く予定です。

f:id:TACOMIC:20160930003557j:plain礼。