読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ★ゲットを 御存知でしょうか?

無料の漫画投稿・閲覧サイト 「マンガ★ゲット」。 に、遅れて来たユーザ 蛸。 の、「もしかして、既に? もう、今更…ですか?」 な記事です・・・

『デビルズライン』3巻13話・前半(マンガボックス配信25話)落描感想ノ弐

f:id:TACOMIC:20160922210702j:plain

 

ええと、前記事の 「落描&感想 ノ 壱」 より続きます。

www.tacomic.com

 

よろしければご覧くださいませ。

f:id:TACOMIC:20160922211836p:plainあ、ネタバレって程じゃないです。

 

 

1.軽妙・前向きなハンス氏 

バー・サカキに初めてやって来たハンス氏。 

その前に事件現場で、警察関係者らの中にいた時でもそーでしたが。

f:id:TACOMIC:20160922210930j:plain警察官らがいるトコで、フツーに馴染んでます。

 

殆ど知らない者たちの溜り場の中に、独りで新たに入ってきてて、こうもマイペースでいる。

 ここらの描写では、彼は全く溶け込んでしまっています。

 

f:id:TACOMIC:20160922211002j:plain「友人です」 

 

f:id:TACOMIC:20160922211016j:plainもう席に着いて「食べる!」

 

f:id:TACOMIC:20160922211058j:plainこのページでは、彼は体の一部しか見えないという馴染み方です。 

 

f:id:TACOMIC:20160922211136j:plain遠慮なく大笑い。

 

この適応力?も、ハンス氏の特長なのでしょうか。 

f:id:TACOMIC:20160922211917j:plain(まぁ「ハンス氏と初対面の皆の反応」などは、描くネタとしての優先順位が低かっただけかも?ですが単に)

 

 

彼が安斎氏に「xを飲ませた」云々の件について背後でゴタついてる時にも、平然とラーメンを食してるように見えます。

f:id:TACOMIC:20160922211204j:plain

が、無視してるわけでもない。

やむを得なかった行動だから(やらねば安斎氏は助からなかった)、悪いとは思ってない。しかし、それによって波紋が生じているのも分かっている。 

f:id:TACOMIC:20160922211215j:plain

 

神出鬼没・是々非々。泰然。

その場その場で、妥当な行動をしている(と、少なくとも当方には見えます)。

他者にとっては非常識・破天荒な行為に見えても、ハンス氏には順当な観察と対応。

彼には「鬼」に関する知識と、超人的な身体能力もある。そして、風来坊のような身軽さ・自由さ。 

f:id:TACOMIC:20160922211238j:plain

高見の見物をしてたり。

f:id:TACOMIC:20160922211317j:plain

助けたり。

f:id:TACOMIC:20160922211336j:plain違法とはいえxxも持ちあわせてたから、さらっと「通りすがりの人命救助」をやってのけたり。

f:id:TACOMIC:20160922211356j:plainスナイパーに説教したり。

f:id:TACOMIC:20160922211414j:plain「鬼」化した者をあっさり倒したり。

 

f:id:TACOMIC:20160922211443p:plainビル壁面から落下する二人を楽々支えたり。 

(以前に配信されたシーンの画像も含んでます)

 

f:id:TACOMIC:20160922211511j:plain「鬼」情報を、一般人である、つかさ氏に教えたり。

 

 で。それらがあまりにも平然・サクサクとしてるので…

「軽妙な謎キャラ」というか。

飄々として親しみやすい一方、軽薄ではない。締めるとこは締めて、キメるのでした。

f:id:TACOMIC:20160922211555j:plain

 

自分が「鬼=紅目人種」であること。

それを、思い悩んだりはしてこなかったのでしょうか?ハンス氏。

ここまで読んだかぎりでは、「社会的に影・負の存在」であることの「鬱屈」といったものが感じられない。

(やはり、xx暮らしだったから?)

吸血欲を制御できるからこそ、ってのもあるのでしょうけど。

そして、「ヒトだって酷いことをする」というのがわかっているからでしょうけど。

f:id:TACOMIC:20160922211612j:plain 

f:id:TACOMIC:20160922212023j:plain個人的好みとしては美形であってほしいのですが…そういう方面ではないようだなぁ。

  

この、見開いた「びっくり目」がデフォルトのようです。

 f:id:TACOMIC:20160922211641j:plain

 ・・・というか。

花田氏の描く殆どのキャラ達は、普通な状態が大抵「目を見開いてる」ように見えるのですわ。

瞼の線に黒目が接触してる状態の方が少ないんじゃないか?というくらいに。

(このネタは、またいつか。改めて後に描こうと思います。) 

f:id:TACOMIC:20160922212108j:plainここ数年リアルタイムで漫画を見てきてないので、「これが現代漫画で特殊なのかどうか」を検証するのに手間食いそうなので…

 

 

 

2. 勝手に想像4コマ【今回のハンス氏】 

 f:id:TACOMIC:20160922212151j:plain 

ええと。どーでもイイことですが。

ハンス氏の移動経路の想像です。

まず。

多分、この部屋はこーなってるんだろーなーという見取り図です。

 

f:id:TACOMIC:20160922211717j:plainで、このように移動したのだろうと推察しますが。

 

バー・サカキ常連(安斎氏ファミリー)が親密・深刻に語り合う中に、入るのは躊躇われたのかな。 つかさ氏もハンス氏も、テーブルについてない。

 

で。

 

f:id:TACOMIC:20160922212249j:plainイキナリですが。 ハンス氏&つかさ氏項目:【ハンつか】です。

全くの、個人的な想像4コマです…

 

【ハンつか】4コマ・いかにしてその席に着いたのか? 

f:id:TACOMIC:20160922211806j:plain

 

         f:id:TACOMIC:20160922212317j:plain 

失礼しました~~~~!!!

 

 

f:id:TACOMIC:20160922210602j:plain

 

と、毎回の事ですが。勘違いだったらごめんなさい蛸

f:id:TACOMIC:20160922212343j:plain 

さて。

ちゃちゃっと描く、というこの落描き体制。

来週も出来るでしょうかね。

いつまでできるか?

では。

f:id:TACOMIC:20160922212359j:plain礼。