マンガ★ゲットを 御存知でしょうか?

無料の漫画投稿・閲覧サイト 「マンガ★ゲット」。 に、遅れて来たユーザ 蛸。 の、「もしかして、既に? もう、今更…ですか?」 な記事です・・・

花田 陵氏 『デビルズライン』のこと・3:商業誌掲載版で変更になった部分について

f:id:TACOMIC:20160616023843j:plain

『デビルズライン』の最初の頃の公開は、

花田氏がアマチュア時代に、

マンガ★ゲット (と個人サイト) で でした。

 

その当時のと、

商業デビューして 漫画雑誌に掲載 となったものとでは、

変更された箇所があります。

 

今回は、

儂が気付いた・憶えているうちの、

いくつの変更部分について・・・です。 

 

1. 「彼は 人の中に まぎれてずっと…」

この冒頭シーンから、もう。

当初 マンガ★ゲットに掲載されてたものとは異なります。

(現在では、マンガ★ゲット上でも変更されたものになってます) 

元のはこんな感じでした。

f:id:TACOMIC:20160616023935p:plain

(うろ覚えなもので…ラフで失礼いたします)

 どこかの一室。 連続殺人を報道するニュース音声が流れる中、

何かをしている者がいる…。

 

 

商業誌版では この冒頭シーンは、

つかさ氏(多分)の、シルエットとモノローグになりました

f:id:TACOMIC:20160616024029p:plain

で。

「彼は 人の中に まぎれてずっと…」

というのは、

「安斎氏が、つかさ氏を見ていた」

という事かな~ とか思って読んでいくと。

 

後のシーンで、

f:id:TACOMIC:20160616024112p:plain

「A氏が、つかさ氏を見ていた」 ということでもあったのか、と。

 

(このシーン。 このモノローグは元からあったっけ?

「後から加えたのか?」とも思いましたが…これは、断言できないです…記憶に自信が無い蛸。)

 

そして、このモノローグは、

「この社会に生きる、鬼たちのありよう」をも象徴しているのか、と。

再読して、思ったりする蛸。

 

f:id:TACOMIC:20160616024216j:plain

 

2. 「俺が派遣されたんだ」

f:id:TACOMIC:20160616024908p:plain

このシーンの、このセリフ。

商業誌版では「お前を追ってたんだ」となってますが、元はこーゆーセリフだったなぁ、と。

(ええもう、ホント細かい所なのですが。「以前からの読者」であるヨロコビに浸る蛸でした)

 

「派遣された」では。

元は別のどこかにいたのか、この件が済んだら帰ってしまうのか? とか。読者に余計なコト考えさせると面倒なので、修正したのかな?

 f:id:TACOMIC:20160616024321j:plain

 

 

3. 「なんで前から来るの?」

f:id:TACOMIC:20160616024350p:plain

 このシーンの、このセリフ(内心で思ってる。又は小声?)。

元は、このようなものだったと記憶しております。

 

商業誌版では、

「まさか つけられてた……?」

に変更されました。

(個人的には、元のが好きだったのですが)

 

前方=つかさ氏達の進行方向から、安斎氏が来る

というのは

電柱を跳び渡って来て、先回りしてるからでしょうけど。

それを示すセリフを出さない事にしたのは、ここではそれを伏せる為だったのでしょうかね。

 

マンガ★ゲットで拝読してた儂は、続けて次回以降も読めたので、

「電柱を飛び渡る空中ルート」を示すシーンを、すぐ読む事が出来たのですが。

(商業月刊誌では 読者に疑問を持たせたまま、1ケ月も置いとけないかも)

 

f:id:TACOMIC:20160616024441j:plain

 

4. 「そういう男もいるの」

f:id:TACOMIC:20160616024506j:plain

ええ、ホント小さなトコですが。

商業誌版では

「それが何?」

「ってオイ 何して……」

というセリフになってるこの2コマ。 元はこーゆーよーなセリフだったと記憶してます。

 

あと、

「この人の中には 何かいるーー」というネームは、元からあったかどうか…。 

(無かったような気もするのですが・・・・断言できん蛸)

f:id:TACOMIC:20160616024531j:plain

にしても このセクハラ教授・落合氏。

 模写してみて改めて思ったんですが、この造形・描き方。

下がり気味な太い眉。 目もタレぎみで、黒目がち。細かく描き込んだ黒目部分・光アリとか。

コレって、悪いコトしようとしてる奴の顔じゃないですよね。

そして、クチが笑ってない。

ありがちな「オレってこんなワルなんだゼ」ってキャラじゃなくて、

ホントに何の悪意もなく、やらかしてるんだろうなって感じ。

(この頃の安斎氏の方がよほど悪者顔。

真っ黒な目で、光も滅多に描かれてなかった)

f:id:TACOMIC:20160616024603j:plain

 

5. 他

元は別の絵だったのが、変えられてるコマ

 とかあります。

とあるコマの元の絵は、「某所へ、手を突っ込む動作(そのアップ)」だったです。

f:id:TACOMIC:20160616024627j:plain

グーグル様の手前、「記憶だけで何となく描いたラフ」で流す蛸。

  

では。

『デビルズライン』記事・4に続きます。