読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ★ゲットを 御存知でしょうか?

無料の漫画投稿・閲覧サイト 「マンガ★ゲット」。 に、遅れて来たユーザ 蛸。 の、「もしかして、既に? もう、今更…ですか?」 な記事です・・・

『デビルズライン』3巻17話・後半(マンガボックス配信34話)落描感想ノ壱

花田陵氏『デビルズライン』

 f:id:TACOMIC:20161121104317j:plain

マンガボックスで、『デビルズライン』が無料配信されております。

 

先日11月19日配信の34話は

『Line.17 フェイス』(コミックス3巻収録)の、後半20ページ分です。

 

(上記からは、最新話へリンクとなります)

 

マンガボックスで配信されたのを読んで、ちゃちゃっと記事にする。

コレを、できれば定着させたい蛸です。

(まぁ、こんなコトいつまで続けられるかですが…)

ホント、思いつきで書いておりますので。

未整理ですが、よろしければご覧くださいませ。

f:id:TACOMIC:20161121105419j:plainあ、少しだけネタバレです(今どき、この程度では「ネタバレ」とは言わんのでしょうかね)。

 

 

1.「フェイス」

Line.17の副題の「フェイス」ですが。 弊ブログの前記事では触れませんでしたが、とりあえず検索しておりました。

 

Wikipediaでは、2つ並んでました。

face。顔、表面などの意味。

faith。信念や信頼、信仰などの意味。 

フェイス - Wikipedia

 

さて。

タイトルが英語で、カタカナ表記で英語のスペルなし

というのは。

 

該当する英単語が複数ある場合

いずれの単語にも取れるようにして、複合的に、

作品の内容と意味をかけることが可能ですが。

  

今回の『デビルズライン』のこの副題は、どうなんだろう?と考えておりました蛸です。

f:id:TACOMIC:20161121105035j:plain深読みしすぎ・こじつけ・勘違いしてるんだろうなぁと思い、記事として書かん方がいいかなぁ~~とも思いつつ。

 

 

2.今回の【安ハン】:【ハン安】というべきか? ハンス氏による指導。 

 

f:id:TACOMIC:20161121104401j:plain

他作品の、このシーンを思い出しました。

 

太古から地球の人類を監視している、「天使」という存在。

f:id:TACOMIC:20161121104422j:plain ◆高河ゆん氏『アーシアン』5巻

 

遥かに発達した科学技術・高度な文明を持つ「天使」たちも、一人ひとりは「生き物」であり、このシーンの彼らは若い男子である。

自分の身体のこと、発達のことを語り合う、若者二人の後ろ姿。

すらりとしつつ、がっしりした男性の身体です。顔が見えないので自然と身体に目が行きますわな。 

 

f:id:TACOMIC:20161121104447j:plain◆高河ゆん氏『アーシアン』5巻より。 彼らが長髪なのはチャラいのではなく、そういう文化だからです。 正式の場では結い上げます。

 

こういう事を話せる友人がいる、というのはいいものですね。

 

安斎氏にとって、自分と同様の「鬼とヒトのハーフ」で、年齢も近い男子である、ハンス氏。

 

f:id:TACOMIC:20161121105059j:plain彼と知り合えたのはいいことだったなぁ、と。しみじみ思う蛸。 

 

さて。

『デビルズライン』の前回のLine.16の副題は、「ドグマティック」でしたが。

「ドグマティック」≒教義的な。

ハンス氏が着用しているのは、それを想起させる「DOGMA」ロゴ入りトレーナです。

で、性的なコトをぶっちゃけて言う。

面白いですねぇ。

 f:id:TACOMIC:20161121104547j:plain

今回の副題「フェイス」をこのシーンにかけるとしたら、faithの「信念」

…でしょうかね。

個人的には、「ドグマ」というのは建前っぽい感じがするのですが。

当人が納得しようがしまいが、組織・共同体の一員として仕方なく、とりあえず従ってるというか。

「フェイス」の方が誠実でより実際的な、血が通ってる…という印象を持ちます。

f:id:TACOMIC:20161121105122j:plainあくまで、英語も話せん人種がそう感じたってだけですが…

 

概して宗教とか教義とかは「禁欲的」「模範的」な印象がありますが、

しかし。

密教とかは性を昇華してたかな。 そーいや古代メソポタミアとか、性行為をマジで神聖なものとしていた宗教もあったらしいし。 つーかダン・ブラウン氏『ダ・ヴィンチ・コード』に書かれてたけど、現代でもとある団体ってのは教義・儀式でxxを…

 

f:id:TACOMIC:20161121105142j:plain…ってまた脱線しそうだし、何よりGoogle様の手前うにゃむにゃなので切り上げる蛸。 

 

 

3.未回収ネタ:「オヤジの鼻血でも」云々 

         f:id:TACOMIC:20161121105208j:plain 

ええと…弊ブログの前記事で、書ききれなかった件ですが。 

 

マンガボックスの前回配信のシーンで

《こんなオヤジの鼻血でも興奮すんの?》

 

f:id:TACOMIC:20161121104627j:plain

どうにも、やりきれない件です。

落としどころがない。

割り切れない・綺麗に収められない。

 

f:id:TACOMIC:20161121105658j:plain余談ですが。

片桐氏がこの場にいるので…彼との違いを描写することで、うまく持っていくのかな?とも思っていた蛸です。

片桐氏は以前、喧嘩でヒトを流血させた際、衝動的に吸血しています。

一方、安斎氏は以前セクハラ教授をボコボコに殴って流血させてますが、吸血欲は起きなかったのですから。

 

 

「安斎氏は、つかさ氏に対してだけは恋愛感情でxxしている。他は怒りによるxxだ」

という差別化することで、なんとかマシに収める。

ってコトもできるのでは?と思っていたのですが。

 

「鬼である以上、無差別に沸き起こるxxを受け入れるしかない」

と。

この、『デビルズライン』という作品では

そういう方向でいくようですね。

 

 

◆遠藤浩輝氏『プラットホーム』で。

《男性は女性をxxできてしまう生き物》

《僕は男性である自分を受け入れた》

とかいうのがあったのを思い出しました。

 

f:id:TACOMIC:20161121104655j:plain◆遠藤浩輝氏『遠藤浩輝短編集(2)』に収録とのこと 

 

f:id:TACOMIC:20161121105729j:plain

 

4.今回の【安つか】:「フェイス」

まずは【安ハン】

f:id:TACOMIC:20161121104735j:plain

「ヨハネス」と呼ぶようになってますが…

「ハンスでいい」と言われてるのに、こう呼ぶ、というのは。

良い意味で解釈するなら、「本名を明かした相手への礼儀」でしょうか。

少なくとも、現在ここでは、ハンス氏のその名を知ってるのは安斎氏だけで、彼しかそう呼んだりしない、というわけで。

 

「どーぞ」と、訳知り顔のハンス氏。

【安ハン】の繋がり・信頼関係ができつつあるのでしょうかね。

 

 

f:id:TACOMIC:20161121104753j:plain

戸惑うジル氏。 鬼ではあっても女性である彼女には及びもつくまい。

 

 

ところで。

副題の「フェイス」はここにもかかってくるのかな~

とか思ってしまう蛸です。

 

face。この「顔」。

f:id:TACOMIC:20161121104825j:plain

xx状態でいることに? 後ろめたそうに目を逸らす、安斎氏。

変異の兆候が目に出ているのを見られたくないからか。

(だったら目を閉じればいいかというと、それじゃさらにバレバレだから、そうしないのでしょうかね)

 

f:id:TACOMIC:20161121104912j:plain

そして、この後の、怒るつかさ氏の顔。

そういえば。 彼女の「シリアスで静かに怒っている顔」って、初出ではないでしょうか?

 

f:id:TACOMIC:20161121104928j:plain

安斎氏が他者に吸血欲を発していることに?

抱え込み、「お前は何もしなくていい」といわんばかりの態度に?

ハンス氏とは通じ合ってるようなのに?

 

さらに、深読みを重ねると。

この一連には、faithの「信頼」の意味がかかっている

…ように感じました。

置いてきぼりを食らったように感じての、怒りの表情なのでは?

信頼関係にない、と突き付けられたような。そういう事への怒り。

 

 

5. 唯一。傷跡の件を指摘・つかさ氏に対して言及したかも?なシーン。

 

f:id:TACOMIC:20161121104947j:plain

しかし、すぐ逸らされます。

つかさ氏の傷跡に関しては、相変わらず描写が殆どなされない。

ホント、さらっとしていますね。

 

 

 

f:id:TACOMIC:20161121105324j:plain

 

と、毎回の事ですが。勘違いだったらごめんなさい蛸

  f:id:TACOMIC:20161121105343j:plain

 

さて。

「落描&感想 ノ 弐」 へ 続きます。

 さらに【安ハン】、加納氏、菊原氏、高さと屋内・屋外。 そしてまたもや副題などについて…です。

 では。

f:id:TACOMIC:20161121105452j:plain礼。

『デビルズライン』3巻17話・前半(マンガボックス配信33話)落描感想

花田陵氏『デビルズライン』

f:id:TACOMIC:20161114114102j:plain

マンガボックスで、『デビルズライン』が無料配信されております。

 

先日11月12日配信の33話は

『Line.17 フェイス』(コミックス3巻収録)の、前半14ページ分です。 

 

(上記からは、最新話へリンクとなります)

 

マンガボックスで配信されたのを読んで、ちゃちゃっと記事にする。

コレを、できれば定着させたい蛸です。

(まぁ、こんなコトいつまで続けられるかですが…)

ホント、思いつきで書いておりますので。

未整理ですが、よろしければご覧くださいませ。

 

f:id:TACOMIC:20161114115452j:plainあ、少しだけネタバレかも(この程度では「ネタバレ」とは言わんのでしょうかね)。

 

 

1.軽々跳ぶハンス氏、息切れする片桐氏。

市街地の宙を駆ける、二人の鬼。 

f:id:TACOMIC:20161114114126j:plain

建物の屋根・屋上で踏切ったり着地してたりしてたら、内部の人に不審がられかねない。 おそらく電柱などを跳び渡っているのでしょうけど。

 

ハンス氏の方が身軽です。

「血慣れ」の効果でしょうが、お気楽に軽々~♪と跳んでます。下半身の筋力・バネだけって感じです。

安斎氏は腕を振って跳ぶ。「xxを飲んでいない、活動的な20代男性の鬼の標準」ってところでしょうか。

 

息切れする片桐氏。 

f:id:TACOMIC:20161114114155j:plainxxを飲んでいない、善良な一般人の鬼。

片桐氏の体力が落ちているのは、寿命が近いのではないかと思いました。

彼は36歳。

f:id:TACOMIC:20161114114818j:plain鬼の男性の平均寿命は…

 

 

 

2.「鬼ごっこ」と「鬼狩り」 

そういえば、先に配信されたのを読んだ際。 

f:id:TACOMIC:20161114114216j:plain

「鬼狩り」と「鬼ごっこ」との違いを考えていた蛸です。

 

まず。

「狩り」の相手はヒトではない。獣か、魔物か…

f:id:TACOMIC:20161114114255j:plain◆萩尾望都氏『精霊狩り』

f:id:TACOMIC:20161114114320j:plain◆山田正紀氏『神狩り』…これは「神を狩る」どころか、ヒトの方が散々やられちゃうんですけどね。

 

又は、「ヒトをヒト扱いしない」という事態です。

「オヤジ狩り」、「魔女狩り」、「赤狩り」…もろに暴力行為だったり。社会的に追いつめ、相手の生命をも奪う行為。

 

そして。

「鬼ごっこ」は、「一人が多数を相手に一人づつ捕える」のですが。
「狩り」は、「多数が少数を追う」のもありうる(その場合の方が多いかも)。

狩る側が一方的に「相手を駆除する」と決めつけて行います。 大抵の場合、狩る側が圧倒的に有利ではないかと思います。

 

そうじゃないのは熊とかを相手にした場合くらいしか思いつかないです。しかしそうなると「マタギ」の話を思い出す…脱線しそうなので切り上げる蛸。

f:id:TACOMIC:20161114114855j:plainマタギって「又鬼」とも書くそうな。

 

つまり。

「ごっこ」は遊びですが、「狩り」は遊びではない。

◆萩尾望都氏『銀の三角』より

どちらかが一方的に勝つゲーム 一方のみに有利なルール そんなものはない 

f:id:TACOMIC:20161114114403j:plain◆萩尾望都氏『銀の三角』

 

「鬼ごっこ」が遊び・ゲームとして成り立つためのルールとして、「鬼は一人」である、ということ。

そして対峙は「一対一」というフェアさ。  

f:id:TACOMIC:20161114114507j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161114114927j:plain何も妙な事などなかろう。 と、儂は思いますわな。

 

「いちご狩り」「みかん狩り」とかは平和ですな。

「潮干狩り」は獲物は「潮干」じゃなくて貝。狩りようもないですし「潮干」は

「紅葉狩り」って、ただ「鑑賞しに行く」ことを「狩り」と言うんですよねぇ~風雅ですわな。

そーいや「桜狩り」とは言わんのですね。 そこらに植えてあるからかな? 樹々の紅葉は、わざわざ見に行くからかな。 ってまたどーでもいいですね。

         f:id:TACOMIC:20161114114952j:plain

 

 

3.今回の【安ハン】と見せかけて【安つか】…未完です。

 

… ええと。f:id:TACOMIC:20161114115022j:plain

一旦、記事を書いたのですが。

纏まりがつかないので、項目・要点だけ羅列するに留めときます。

* * * 

①ハンス氏の表情を見て、安斎氏は「自分の目に変異が出かけている」と察した?

②鬼本人は、自分の目の変異は自覚できない?

 

③今回の【安ハン】。

ふざけてるように見えて安斎氏をセーブするのを試みてみた。そして、いきなり別方面に話をもっていく。

「つかさ氏の血を見てxxした」場合にしか変異しない?

 

④過去の安斎氏の変異シーンをチェックしたところ。

・1巻では7つ。「つかさ氏の血を見てxxした」以外で変異してるかもしれないシーンは1つだけ。

・2巻での変異は「つかさ氏の血を見た」時だけ。

・3巻冒頭で「言われただけで変異」。

しかしやはり、つかさ氏と出逢って以降は彼女絡みでないと変異しない?

以上、今回の【安つか】でした♪

 

⑤ が。

 《こんなオヤジの鼻血見ても興奮すんの?》

 * * * * * * 

…なんというか。

④まではキレイに収まるのですが、⑤をどう落とし込むかで躓きまして。

で。

次回配信を見て、着地点が得られたら追記する、ということで。

f:id:TACOMIC:20161114115100j:plain力量不足です。お恥ずかしい。

 

 

 

4.アクセス数が妙に多い日

 

ええと。

f:id:TACOMIC:20161114115132j:plain今回の話とは無関係な、かつ全く個人的な話ですが…

 

先日 11月11日は、弊ブログへのアクセス数が異常に多かったのですよ。 

翌日の12日も余韻で?多めですね。

f:id:TACOMIC:20161114114702j:plain

 

翌々日は収まってます。

f:id:TACOMIC:20161114114725j:plain(時間ごとのグラフ)

 

f:id:TACOMIC:20161114115224j:plain何事だ!?と思っておりましたら、

とある漫画紹介番組で、『デビルズライン』が取り上げられた。

そのおかげだろうと思います。それ以外に要因が思いつかないのですわ。

で。

儂は、その番組を視聴するに。

 

①マンガ★ゲットの「デビルズライン応援ページ」の、ツイッタ表示を見て、

f:id:TACOMIC:20161114120246j:plain

 

②桜田通氏のブログを拝見し、「何かネットで配信されてるらしい」と気づき、

 

③(あと2・3コ何かのサイトを経由して)、「フジテレビオンデマンド」に辿り着いて、

でした。

 

この番組。この回は、後半は『デビルズライン』祭りでした。

前半で紹介してた他作品は吹っ飛びましたよ。

f:id:TACOMIC:20161114115254j:plainわはははは。

 

 

f:id:TACOMIC:20161114115335j:plain

と、毎回の事ですが。勘違いだったらごめんなさい蛸

        f:id:TACOMIC:20161114115346j:plain

 

 

さて。

思いつくままに書いてます。無計画で失礼しました。

来週も出来るでしょうかね。

ちゃんとした記事になるのか?

では。

f:id:TACOMIC:20161114115415j:plain礼。

『デビルズライン』3巻16話・後半(マンガボックス配信32話)落描感想ノ弐

花田陵氏『デビルズライン』

f:id:TACOMIC:20161111111023j:plain

ええと、前記事の 「落描&感想 ノ 壱」 より続きます(一応)。

 

f:id:TACOMIC:20161111113114j:plainあ、少しだけネタバレです(この程度では「ネタバレ」とは言わんかもですが)。

 

 

1.たまたま。 近所だった。その時そこにいた。既に会っていた。見える位置だった。

デパートとバー・クロス、そしてバー・サカキの位置を把握すべく。

見取り図を描こうと思ったのですが…

 まずは略図を想像で描いてみました。

f:id:TACOMIC:20161111111049j:plain

f:id:TACOMIC:20161111112517j:plainいーかげんです~あはは。

 

f:id:TACOMIC:20161111111118j:plain

f:id:TACOMIC:20161111111148j:plain◆「池袋西噴水前広場」で地図検索。Google地図の画像を加工。

多分、このデパートをモデルにしてると思うのですが…違うかもしれません。

 

しかし。

「バー・サカキの南側を片桐氏が逃走してる」といっても。

f:id:TACOMIC:20161111111236j:plain

「デパートとバー・クロスがバー・サカキの南にある」とは限らないんですよねぇ。

南でも東・南西…ひょっとしたら北東・北西だったり。 

 

f:id:TACOMIC:20161112175628j:plain

 

で、図にするのは断念しました。

f:id:TACOMIC:20161111112543j:plainああ、無意味なコトをしてしまった。

 

 

にしても…たまたま。

①デパート近くの裏手に、バー・クロスがあった。

f:id:TACOMIC:20161111111353j:plain

 

②片桐氏は以前の「大晦日事件」で安斎らと面識ある鬼。それがバー・クロスの従業員になってて、デパート非常階段でのxxを目撃。

f:id:TACOMIC:20161111111417p:plain

 

③バー・クロス付近に、サカキビルがあった。

f:id:TACOMIC:20161111111442j:plain

 

④安斎・ハンス・つかさ氏の部屋の窓は、逃げる片桐氏が見える方角に。

f:id:TACOMIC:20161111111532j:plain

 

⑤ハンス氏は前夜、サカキビルに初めて来て泊まっていた。 彼は池袋事件の時にテロメンバーであるカメラマン氏と会ってもいた。

f:id:TACOMIC:20161111111556j:plain

 

で。

これらを、「ご都合的」とは思いません。

アニメ『ルパン三世』のテレビ第1シリーズや、『ルパン三世 カリオストロの城』、『天空の城ラピュタ』で味わった、快感を思い出しました。

たまたま、うまいとこソコいにる。絶妙にタイミングが合う。

「運命的」というほどの重さではない。

「事態に波長が合ってるシンクロニシティ」状態?とでもいうのを、ノリのいい音楽のように描写しているというか。

f:id:TACOMIC:20161111112611j:plain見る側は、そのテンポ・スピード感を楽しめばいい。 

 

f:id:TACOMIC:20161111113155j:plain

 

2.鬼の出動!ゲーム案

ところで。

以前、ゲーム『ねこあつめ』が流行った時に。

 


花田氏は 『おにあつめ』 というのを、ちょこっと描いておられました。

(氏のツイッタで「おにあつめ」で検索すると出ます)

f:id:TACOMIC:20161111111628j:plain

つかさ氏のアパート一室に、安斎氏がやってきて。二人でコタツでまったり…とか。

 

f:id:TACOMIC:20161111112717j:plainで、今回ふと。

鬼連中が窓から出動してコトに当たる、というのをゲーム化できないかな~とか思いました。

名づけて。 『おにしずめ』 か、『おにさーかす』 とか。

…って、儂はゲームやらん人種なので、あやふやにしか思い浮かばないのですが。

 

以下、案です。
f:id:TACOMIC:20161111112756j:plainあ、ただの悪ノリですので…興味ない方はスルーなさって下さいませ。

 

①屋外TV生放映中の某所で。ヒトが出血、付近に偶々いた鬼が変異しヒトを吸血! TV・ネットに映像が流れる。

②ジュリアナ氏がうっかりTV映像を見て変異! 安斎氏を操作して抑える。失敗して沢崎氏が吸血されてしまったら、もうエンド。ゲームオーバー。

 

③安斎氏・ハンス氏を出動させる。

f:id:TACOMIC:20161111111655j:plain

Ⓐつかさ氏が見送りする場合=安斎氏「ここにいろ」と言い置き、出動。

Ⓑつかさ氏が見送らない=彼女の所在確認要。

f:id:TACOMIC:20161111111729j:plain「鬼引付体質」の彼女が外にいると、変異した鬼が襲ってくる。

 

④安斎氏・ハンス氏を操作し対処。

f:id:TACOMIC:20161111111823j:plain

・事件現場でヒトを襲ってる鬼を殴って止める

・付近で変異した鬼を抑える

 

⑤沢崎氏らヒトの警官を操作し対処。手帳を示しつつ奔走。

・スマホで撮ってる連中を止めさせる

・パニックになってる連中をなだめる

 

⑥つかさ氏が外にいる場合は助けに行く。つかさ氏が吸血されたらバッドエンド。

f:id:TACOMIC:20161111111848j:plain以降、つかさ氏を守りつつ、変異した鬼に対処。

 

・安斎氏を向かわせた場合、つかさ氏が出血してたら

f:id:TACOMIC:20161111111943j:plain

彼女に鎮静剤を渡し10秒以内に安斎氏に打たせる(以降しばらく安斎氏は使えない)。

・注射に失敗した場合は

f:id:TACOMIC:20161111112025j:plain安斎氏を飛び去らせ、ハンス氏を向かわせる。

Ⓒ間に合わず、安斎氏がつかさ氏を襲ってしまった場合。

吸血したらバッドエンド。そうなる前に、ハンス氏が安斎氏を殴って鎮静剤を打てばセーフ(以降しばらく安斎氏は使えない)。

 

⑦ネット・TV映像を見て変異した鬼があちこちで発生。

f:id:TACOMIC:20161112175800j:plain

安斎・ハンス氏を対処しに行かせる。

Ⓓ変異した鬼を全て抑え込めればOK。つかさ氏とまったり♡して終了。

Ⓔ変異した鬼が二桁を越えたら怪我人が加速的に続出、さらに鬼が出てくる。パニックになり機動隊出動・エンド。(鬼、多すぎ?まぁゲームですから)

 

⑧ヒト・鬼が一人でもコロされたらバッドエンド。

 

       f:id:TACOMIC:20161111112844j:plain

…ってことで、オワリにすればよかったのですが。 

ええと。

「蛸どもをアイテムとして使う」案を思いつきまして…

f:id:TACOMIC:20161112171735j:plain

 

更に膨らんじゃいました~ああもう。

 f:id:TACOMIC:20161111112914j:plain以下、ただの暴走です~興味ない方はスルーなさって下さいませ~~。

 

・蛸がくっついてる鬼は変異しない

・鬼化した者の頭上に蛸を1体乗せれば沈静化する(離すとまた攻撃的になる)

・鬼化した者の頭上に2体乗せれば変異が解ける、離しても攻撃的にならない。が、血を見たりすればまた変異。

1体でも蛸に触れていれば変異しない。鬼を集合させて数人ごとに蛸1体をあてがっとくのが良策。

 

・蛸は、つかさ氏のフードから発生する。

f:id:TACOMIC:20161111112201j:plain

安斎氏とキスすると2体、ハグとかすると1~4体ほど出てくる。ラブラブ度・安斎氏の官能度・つかさ氏の攻め方がアップするほど多め。うっかりハンス氏が茶々を入れると照れ・覚めてしまって蛸が引っ込む。

「安つか♡で蛸を発生させ、ハンス氏が蛸を鬼達にくっつけてゆく」のが最善な戦法。

ジュリアナ氏ら鬼の捜査官も、蛸を装着すれば変異せず活動できる。

頭上に蛸を何体か積んでいけば両手も空くし、あるだけ鬼化した者に乗せていける。

f:id:TACOMIC:20161112171815j:plain(絵的には間抜けだが効率いい)。

 

・蛸は、つかさ氏から離れると4時間で消える。安斎・ハンス・沢崎・石丸・牧村氏らが撫でてやるとさらに2時間もつ。阪木・ジュリアナ・おりょう・ゼロナナ氏らなら1時間。

f:id:TACOMIC:20161111112247p:plain

・ゼロキュー氏が「蛸砲」を開発。ゼロナナ氏が操作する。

f:id:TACOMIC:20161111112309j:plain鬼に命中しなくても、現場のハンス氏らに届けるのに最適。 

 

・蛸はゼロツー氏ら敵の美形キャラ♡に集る性質がある。

f:id:TACOMIC:20161111112342j:plain彼らを見ると行ってしまうので対処要。

安斎・ハンス・沢崎・石丸・牧村氏らが気合で美形化♡すると戻って来る。

ジュリアナ・片桐氏らが皆にメイク施すのも有効。メイクしてから出動するのが良策である。戦闘中にメイクが落ちたら彼女らに化粧直ししてもらう。 

鬼が変異したりヒトがパニクってたりしてる最中、メイクしてもらう捜査官連中~という図になります。この絵を描きたかったのですが…

f:id:TACOMIC:20161111112950j:plainいい加減、時間食い過ぎてるので断念しました。

 

f:id:TACOMIC:20161111113256j:plain

 と。 今回も暴走してしまいました~失礼いたしました~~

  f:id:TACOMIC:20161111113310j:plain

 

さて。

ちゃちゃっと描く…筈の、落描き体制。

来週も出来るでしょうかね。

まともな記事になるのか?

では。

f:id:TACOMIC:20161111113032j:plain礼。

『デビルズライン』3巻16話・後半(マンガボックス配信32話)落描感想ノ壱

花田陵氏『デビルズライン』

f:id:TACOMIC:20161110004341j:plain

マンガボックスで、『デビルズライン』が無料配信されております。

 

先日11月5日配信の32話は

『Line.16 ドグマティック』(コミックス3巻収録)の、後半16ページ分です。

 

(上記からは、最新話へリンクとなります)

 

マンガボックスで配信されたのを読んで、ちゃちゃっと記事にする。

コレを、できれば定着させたい蛸です。

(まぁ、こんなコトいつまで続けられるかですが…)

ホント、思いつきで書いておりますので。

 

未整理ですが、よろしければご覧くださいませ。

f:id:TACOMIC:20161109234831j:plainあ、少しだけネタバレです(今どき、この程度では「ネタバレ」とは言わんのでしょうかね)。

 

 

1.各部屋の3人

 三人が別々に、各自の部屋にいます。 

f:id:TACOMIC:20161110004415j:plain

f:id:TACOMIC:20161110004430j:plain

f:id:TACOMIC:20161110004449j:plain

そして、各自で外の様子を感じ取り、動いていきます。面白い。

 つかさ氏は不安がる。

安斎氏はびしっ!と。警官として出動準備。

ハンス氏は相変わらずマイペース。何をする気なのか掴めません。

 

で。

バラバラだった3人が窓から順に顔を出し、各自の動向を見て対応してゆく。 

この場面も好きです。

 

まず出動しようとする安斎氏が身を乗り出す。

以降、他の二人と対面する。

 

f:id:TACOMIC:20161110003909j:plain

真下の部屋から乗り出してる、ハンス氏。

きょとんとした、ひょうきんでご機嫌♪な表情がデフォルトで、内面が見えにくい。

彼は相手の出方に応じてカードを切ってゆく。  持ってるモノ(情報・過去の体験とか)が得体が知れない。 社会的身分がない?分、身軽ですし。

飄々と穏やかに、しかしキメるとこはキメる。 結局、したいようにしちゃいます。

 

斜め下の部屋から、つかさ氏がちょこんと顔を出す。

f:id:TACOMIC:20161110004546j:plain

 

今回の【安つか】:窓からお見送り。

「高所・屋外」は鬼たちの活躍の場。 ヒトである彼女は、今まで通り屋内に留まります。

f:id:TACOMIC:20161110004559j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161109234301j:plain少なくとも、今回は。

 

 

 

2.鬼の出動!

吸血鬼や魔物モノの常道?として。

「ヒトの住居に入る際のルール」

  …?とでもいうようなモノがあるそうで。

『デビルズライン』でも、「高所」・「屋内/屋外」描写には思うところがあります。

 

◆窓からやって来るもの。

◆『ピーターパン』と吸血鬼の類似性。「永遠の子供」。

 

f:id:TACOMIC:20161109234340j:plain・・・これはのちに、別記事で述べたいと思います。

 

  

にしても、今回の『デビルズライン』は吸血鬼が「やって来る」のではなく、

「出かけてゆく」んですよね。 

 

f:id:TACOMIC:20161110004622j:plain

鬼が「ヒトの住居」で寝泊まりしてて、いざ、コトがあれば出動する!

ワクワクしますわ。

窓から、というのがいいです。

 

◆猫十字社氏『小さなお茶会』の一篇を思い出しました。

f:id:TACOMIC:20161110004716j:plain ◆猫十字社氏『小さなお茶会』より

 

巡業サーカスがやって来まして、そのチラシに曰く。

《必ず窓から出ていらっしゃい》と。

f:id:TACOMIC:20161110004742j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161110004804j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161110004816j:plain

 

f:id:TACOMIC:20161109234409j:plain窓から飛び出してゆく、「永遠の子供」。

 

 

 

3.身元というドグマ

ところで、これ。「DOGMA」でしょうか? ハンス氏の服のロゴ。

f:id:TACOMIC:20161110003956j:plain(マンガボックスでは「画面を拡大して閲覧」ってのができないのですわ)

 

 「身分・素性が、きちんとしてるかどうか」を基準に、「信用できるか否か」を決めつける。 相手を「得体が知れない奴」と一蹴する。

今回の副題に沿って言えば、これも一種の「ドグマ」≒固定概念による独断、と言えると思います。

 この基準においては、ハンス氏より上位に立っていた筈の安斎氏。

下の階のハンス氏を強気であしらおうとします。

 f:id:TACOMIC:20161110004858j:plain

 

しかし、やはりハンス氏の方が上手です。

ビル壁面を軽々と登り、安斎氏と同じ高さに来て、身元を明かす。

 

f:id:TACOMIC:20161110004919j:plain

 

キメのシーンではやはり面長ですね~こういう顔の方が好きなんですが個人的には。

 

f:id:TACOMIC:20161109234431j:plainこの場面を見て、ふと思い出したのですが。

魔物モノのネタとして

「名前を知られる事」「名づける事」?に、特別な意味?がある

とかいう事です・・・ まぁこれものちに、別記事で。

 

 

さて。

ハンス氏というのは、「安斎氏より ‘上’ のキャラ」として作られた

とかいうのを、花田氏のサイトか何かで読んだ覚えがあるのですが。

身長・年齢。 (吸血鬼についての知識なども、だったかな?)

 

社会的には、身分・職・収入も安定している安斎氏の方が ‘上’ に見えると思います。

が。 安斎氏は、実は自分の素性もわかってなかったわけで。

f:id:TACOMIC:20161110005021j:plain

先述の「ドグマ」云々の基準で言えば、安斎氏の方が「格下」でさえある。

 

 

f:id:TACOMIC:20161109234913j:plain

 と、毎回の事ですが。勘違いだったらごめんなさい蛸

 

    f:id:TACOMIC:20161109234931j:plain

 

さて。

「落描&感想 ノ 弐」 へ 続きます。 「見取り図(想像)」と「ゲーム化案」についてです。

 

ちゃちゃっと描けばまだ1記事に収めようもあったのですが。

時間をおいた分、脳内で膨らんでしまいまして…「どう削って纏まりよく収めるか」を苦悩するより、この際

「記事を分けた方が早い」と判断しました。 

         f:id:TACOMIC:20161109234457j:plain

 

余談ですが、なぜ時間をおいてしまったかというと。

11月6日放映のNHK大河ドラマ『真田丸』を観て、

ネットで「#真田丸」タグのツィートをいいね・リツィートし捲り、『真田丸』フィールドに浸ってしまったからです~ああもう。

 

        f:id:TACOMIC:20161109234527j:plain

『真田丸』を視てない貴方。 もし間に合うなら、11月12日(土曜)の再放映を、どうかご覧になってくださいませ! 

弊ブログのこの記事を見て、『真田丸』をご覧になった方がひとりでもおられたなら嬉しいです。161112

 

f:id:TACOMIC:20161109234602j:plainああ~今まで全く視てなかった人には何が凄いのかわからんなぁ…

ヒント。

『真田丸』はオープニングで、イメージ映像と曲が流れます。効果音は無し、でした。

以下、11月6日放映のを観て後の、儂のツイッタの画像です。

 

f:id:TACOMIC:20161110004031j:plain

  

ネタバレになっちゃいますが、サイト「YAHOO!ニュース」では解説されています。宜しければご覧ください。


       

TVを視なくなって数年になる儂が、ある日。 「追い詰められた北条氏が切腹シーンまでは瞬きしてなかった」という内容のツィートを見て、何気なく再放映を視て。 以来、毎週観るようになったのですが…

f:id:TACOMIC:20161109234708j:plainああ、今年の大河は最初から観たかった。

 

 

では。

f:id:TACOMIC:20161109234755j:plain礼。